同じ色を着ても人によってイメージが違う!

この色着たら、〇〇に見えるよね?

「〇〇に見せるにはこの色!」

「この色は私のイメージに合ってる!」

今まで人に言われたことがあるのか、自分で勝手にそう思うのか、

自分のイメージカラーを決めている人がいます。

もちろん、全く悪いことではないのですが…

その色、イメージと合っていないかもしれません。

その色、似合っていないかもしれません。

色のイメージ

色にはそれぞれ連想するものやイメージがあります。

例えば…

 

連想するもの… 血・炎・バラ

プラスのイメージ… 活動的・積極的

マイナスのイメージ… 攻撃的・挑発的

連想するもの… 海・空・湖

プラスのイメージ… 誠実・冷静沈着

マイナスのイメージ… 冷淡・憂鬱

色にはプラスのイメージとマイナスのイメージがあるのです。

同じ色でも着る人によってイメージが変わる

これは当たり前のことですが、同じ色を着ても人によって見え方や感じ方が違いますね。

その色がプラスになるか、マイナスになるかは人によってさまざま…

例えば、

・ベージュを着て… 

『優しく・落ち着いて見える人』と『垢抜けない・田舎感のでる人』がいます。

・ピンクを着て…

『若く見える人』と『若作りに見える人』がいます。

・黒を着て…

『シャープ・かっこよく見える人』と『キツい・怖く見える人』がいます。

 

 

「私は育ちが良いから品のある色がぴったり!」と思っていても

「いえいえ!その淡い色幸薄そうに見えてますよ」

 

「私はアウトドア好きでアクティブなイメージだしビビッドカラーが似合ってる!」と思っていても

「あなたのアウトドア好きは知りませんし、その鮮やかな黄色幼稚園児みたいですよ」

 

なんて思われていることも。

自分で思っているイメージと相手が思っているイメージは大きくずれているかもしれません。

イメージと合わない色を着てしまう人とは

きびしい言い方をすると、自分を客観視する力がない の一言ですが…

客観視できない理由とは

自分自身をわかっていない

◆「好き」を優先しすぎて「似合う」を考えていない

◆「似合う」を自分で決めつけている

◆ 時が止まっている

若い時によく可愛いと言われていても、年齢を重ねると可愛いも変化します。

似合っていたあの頃を忘れられず、40代でヒラヒラフリフリべビーピンクなど…。

  • お世辞を素直に信じちゃう人
  • 体重が変わらない人(体型は変わってます)

は、時が止まりやすいのです。

試着しないで買う

鏡に映った自分を見ていれば「なんか合ってない」と買う前に気づけたかもしれません。

家で着てみて「変!」と思っても、とりあえず着ているのでしょう。

 

※着ること自体は悪くはないのですが、ただ着ていることが多いのです。

「着る」と「着こなす」は違います。

 

自分の性格はパッと見では表れませんが、肌の色・体型・顔立ちは誰からも見えています。

自分を理解してお顔と服の色のちぐはぐをなくしましょう♡

関連記事

  1. おしゃれな妊婦さんにオススメ!初めてのマタニティコーデ

  2. 実は多い!?【黒が似合わない人】のカラータイプ別着こなし術

  3. 似合わない色だって着たい!〜脱・カラータイプ縛り〜

  4. 【ハイゲージニット・ざっくりニット】似合うニットの選び方

  5. 色白・色黒に似合う【水着の色】と体型カバーのポイント

  6. 色で劇的に変わる!写真写りを良くする方法

  7. 【透けない下着】おしゃれで可愛いのに意外と透けない色は?

  8. 男性が【女性らしくなる】には【似合う】を知ることが重要

PAGE TOP