【婚活女子】必見!パーティで好印象を与えるメイクと服装

婚活パーティーで好印象な女性ってどんな感じなのかな?

婚活でモテる女性はどんな服装やお化粧をしているのかというと…

間違いなく言えることは、誰が見ても印象が良いキレイな装いをしています。

婚活のスタイル

婚活のスタイル(種類)には色々ありますが大きく分けると以下のようなものがあります。

◆ 結婚相談所
マッチング型と仲介型があり、悩みを相談できるアドバイザーが在籍しているなどサポート力が強いサービスです。

◆ 婚活サイト
忙しい人も自宅にいながら婚活ができるので気軽に始められます。

◆ 婚活パーティー 
たくさんの異性と交流を持つことができ、実際に質問したり会話をできるのがメリットです。

婚活じゃなくても印象最悪!NGメイク&服装

人は見た目ではなく中身が大切なのは誰もがわかっていること。

特に結婚となると内面が重要であることは確かですが、婚活は長い時間をかけて親交を深めることが難しいので最初の印象や外見が大きく影響します。

婚活以外にも面接や職場・知人の紹介など、印象が悪い人はあらゆる場面で不利になることが多いのです。

若い子と同じおしゃれが痛々しい

膝上のミニ丈、フリフリ・ヒラヒラでリボンにキラキラ、可愛いピンクや水色を多用…

年齢に対する服装の不調和を感じさせる女性は意外と多く、若く見られたい・または若く見えている自信がある(自分で言っちゃうような)人にこのような傾向があります。

どんなに脚に自信があっても30中過ぎのミニはあまり見たくありませんし、若い頃とサイズが変わらないとしても20代の女性と同じようなファッションは痛々しく見えるのです。

また、パーソナルカラー的に・骨格的に似合うタイプ(後述)だからといっても年齢的にダメなものがあります。

一目でわかる全身ブランド高級女子

ある程度の年齢の女性が上質なものを持つのは良いことですが、『一目で高級ブランドとわかるものだらけのコーディネート』や『見るからに全身高そうな装い』はいやらしさと嫌悪感を与えてしまう可能性も…。

ブランド物もプチプラアイテムと程よくミックスさせたコーディネートの方が今っぽくておしゃれです。

婚活の場でギラギラゴージャス感を醸し出していては、これから結婚(年齢によっては出産も)するかもしれない相手と思ってもらうのは難しいこと。

お金がかかる女性オーラ全開では一般庶民の婚活には不向きと言えるのです。

おしゃれ心を無くし地味過ぎる女性

伸びた髪が鬱陶しいから結んだんだろう髪型。

歩きやすいから履いているのであろう靴。

寒いから着たのであろうカーディガン。

生活する上で不快を感じないことだけに意識を向けた装い、おしゃれ心は皆無です。

ファッションに興味がないおしゃれ度0な女性より、身なりに気を使ったキレイな女性の方が人気があるのは当然です。

個性強すぎで話しかけにくい

髪色、メイク、ファッション…

見た目のインパクトが強烈な人は印象には残りますが、良い印象かというとそうでないことが多いです。

長時間一緒にいたり何度も会うことができれば「実は優しくて話しやすい人なんだね」「意外としっかりしていて誠実なんだな」などと思ってもらうこともあるでしょう。

しかし、婚活での写真や短時間の会話で悪目立ちした個性を払拭させるのは極めて難しいでしょう。

婚活で好印象を与えるための重要ポイント

ワンピースが鉄板は本当?

女性らしいワンピースや揺れるスカートが婚活ファッションの鉄板と思っている人もいるようですが、そんなことはありません。

パンツスタイルでも女らしさを感じるコーディネートはありますし、ヘアースタイルやネイル・メイクで思いっきり華やかさを出したら服装はシンプルな方が女性らしさが引き立つこともあります。

 

30代〜40代の女性にはタイトスカートやIラインのワンピースもおすすめ!「キレイめタイトスカート おしゃれ  コーデ」の画像検索結果

出典:https://wear.jp/

「iライン ワンピース コーデ」の画像検索結果

出典:https://withonline.jp/ 

スッキリした印象ながらレースやスリットで大人の女性の色気を出すことができますね。

普段のファッションにも言えることですが(おしゃれの)過剰な足し算はくどくセンスダウンに繋がります。

何を引いて何を残すか、キレイとおしゃれのバランスを取りましょう。

似合うものはキレイに見えてしまう

パーソナルカラー=似合う色

人にはそれぞれ生まれ持った色素(肌・髪・瞳など)と調和する色があり、何色のお洋服を着るかで顔色は大きく変わります!

「似合う色」を着ると、良い影が入りフェイスラインがシャープに見えたり、お肌に透明感がでます。

「似合わない色」着ると、目の下に影(クマ)が見えたり、シミが目立ちお肌がくすんで見えたりします。

つまり、似合う色とは欠点をカバーして自分を最大限にキレイに見せてくれる色のことなのです。

 

さらには骨格や筋肉のつき方・身長・顔型などにより似合うデザイン・柄・素材があります。

例えば、丸顔で目鼻立ちも丸みのある人がボーダーなど直線的な柄を着ると違和感が出やすいですが花柄は馴染みやすいです。

骨格的にヒラヒラしたシフォン素材が劇的に似合わない人もいれば素敵に着こなせる人もいます。

このように、『自分に似合うもの』を着ると自然とキレイに見えてしまうのです。

パーソナルカラー診断・骨格診断を受けることで確実に魅力が増し印象アップにもなります。

料理をしそうなシンプルネイル

食事は毎日のことですし、男女問わず料理が上手なことは高得点と言えます。

家事は夫婦で分担するものという考え方が一般的になってきましたが、未だ料理は女性の役目というイメージは強くあります。

料理が得意なのは結婚相手だけでなくお姑さんからも好印象ですね。

そこで、普段から料理をしている感を出しながら女性らしく品のあるネイルカラーを意識しましょう。

  • 薄いピンク〜ベージュ系のヌーディーカラー
  • 先端にシルバーまたはゴールドの控えめなラメ
  • フレンチネイルなど先端にホワイト系

肌馴染みが良く目立たない色だけれど、ツヤと輝きがあるタイプがおすすめです。

 

色味は落ち着いていても、長過ぎたり尖っていたりゴテゴテ付いているものは言うまでもなくNG!

(※一見長く見えても料理や掃除など一般的な家事は難なくできるものですが、爪を伸ばしたりジェルやマニキュアをしない男性にとってそんな爪で家事はできない!と思う人が意外と多くいるようです)

元の顔を活かしたナチュラルメイク

婚活で相手を知るために重要なものといえば一つにプロフィールがあります。

よく『男性の職業や年収が嘘だった』などの話は耳にしますが、プロフィール記載内容の真偽を確かめるのはなかなか難しいことですね。

同様に男性側も、女性の顔の真偽(メイク前後の顔の変化レベル)は気になるところ。

ネット婚活など写真で見た顔と実物が違う…

お見合いパーティーで見た化粧の濃い美人は洗顔後どうなるのだろう…

第一印象を良くすることは大事ですが、後で評価を一気に下げるようなメイクなら考えものです。

まずは似合う色(パーソナルカラー)の化粧品を使い、元の顔を活かしたメイクを上達させましょう。

特に自分に似合う色のチークと口紅は顔色を明るくし美肌効果で若々しく見えるので使わない手はありません!!

まとめ

婚活パーティーは第一印象が極めて重要、さらに今の時代は婚活に限らずSNSなど会う前から写真で顔を知ることが可能なため、第0印象という言葉まであるくらいです。

どのタイプの婚活スタイルであっても印象アップの為、見た目を磨くことは婚活を成功させるために必要不可欠ですね。

  • 自分に似合う服装&メイク
  • 年齢に合ったおしゃれ
  • 清潔感
  • お金のかかる女感を出さない
  • 家事ができない女感を出さない

この辺りはクリアしたいポイントです。

結婚とは長く続くものですし、厚化粧や写真の加工など『偽りの美』はすぐに化けの皮が剥がれてしまいます。

本来の自分の容姿(色素や体型・顔立ち)の魅力を活かす方が「キレイ」は簡単に手に入りますね!

参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 同じ色を着ても人によってイメージが違う!

  2. 【ハロウィン】可愛さが引き立つゾンビメイクのコツ

  3. 【透けない下着】おしゃれで可愛いのに意外と透けない色は?

  4. バランスが良い【ヒールの高さ】身長で美脚効果は変わる!?

  5. 【卒業式・入学式】30代〜40代母親のおしゃれ&ダサい服装

  6. 効果絶大!【そばかす】が目立たないメイクの色とは?

  7. 【ディズニープリンセス】コスプレは似合う色で可愛さ倍増

  8. 身長が低くてもバランス良く見える【バッグの大きさと色】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP