【ビビッドカラー】鮮やかな派手色が似合う人の特徴とは?

ビビッドカラーを着こなせる人ってどんな人なんだろう?

発色の良いビビッドカラーは着てみたくてもなかなかハードルが高いものです。

『買ってはみたけど、この赤目立ち過ぎるかな?』

『この色着たら派手に思われるかな?』

普段ベーシックカラーが多い人は特に難易度が高くなりますね。

そんなビビッドカラーが似合う人はどんな特徴があるのでしょうか。

ビビッドカラーとは?

ビビッドカラーとは「鮮やかな色」のこと。

真っ赤・真っ黄色など、クレヨンや絵の具にある基本色で「純色」とも呼ばれる色です。

普段の会話の中でも「鮮やかな色」という言葉はよく使うと思いますが「明るい色」とごちゃごちゃになって間違っている人が実はたくさんいます!

「鮮やかな色」の反対は「くすんだ色」

純色に白・黒・灰色を混ぜることで濁ったくすんだ色になります。

つまり、白・黒・灰色などの混ざりがない(少ない)色を「鮮やか」というのです。

ex)パステルピンクは赤に白をたくさん混ぜた「明るくくすんだ色」
えんじ色は赤に黒を混ぜた「暗くくすんだ色」

鮮やかな色はスポーツのユニフォームや子供のおもちゃなどによく見られるはっきりとした強い色です。

ビビッドカラーは「派手で目立つ色」なのです。

ビビッドカラーが似合う人の特徴

パーソナルカラーの考え方

パーソナルカラーとは簡単に言うと【似合う色】のこと。

人にはそれぞれ生まれ持った色素(肌・瞳・髪など)と調和し馴染む色があります。

勘違いされる人が多いのですが、似合う色とは

「ピンクは似合うけど、青は似合ない」

というものではありません!

例えば、ピンクといっても「ショッキングピンク」「パステルピンク」「サーモンピンク」「コーラルピンク」など様々。

誰にでも似合うピンクがあり、どんなピンクも全て似合わない人なんていないのです。

つまり、似合う色とはたくさんあるということ!

「どのようなピンク・どのような青」が似合うのか、これが似合う色の考え方です。

この「どのような」は

  • 明るい
  • 暗い
  • 鮮やかな
  • くすんだ
  • イエローベース
  • ブルーベース

といった分け方ができます。

スプリングタイプの特徴
サマータイプの特徴
オータムタイプの特徴
ウインタータイプの特徴

派手色に負けない顔

お洋服やアクセサリーは自分を美しく輝かせるためのアイテムです。

ですが、身に付けている服や小物・色の方が目立ってしまい、肝心な自分自身が脇役になっている人がいます。

もちろんこのような場合は似合ってるとは言えませんし、『服に着られている』『色に負けている』といった印象を与えてしまいます。

ビビッドカラーを着るならば、その強く派手な色が脇役になっていなくてはいけません。

どのような人がビビッドカラーに勝てるかというと、

  • 顔立ちがはっきりしている
  • 肌にツヤがある(すべすべ肌ではなくツヤツヤ肌タイプの人)
  • 眉やまつげ・黒目などが濃くしっかりとしている

などの特徴があり、パーソナルカラー4タイプでは「ウインター」の人はビビッドカラーを素敵に着こなせます。

日本人にはあまり多くない

ビビッドカラーが似合う日本人はあまり多くありません。

だからこそ、鮮やかな色を素敵に着こなしている人は色の印象だけでなく目立つのです。

また、年齢を重ねるにつれてくすみのある落ち着いた色を選ぶようになりがち。

年相応な装いを心がけるのであれば、色素相応・顔立ち相応の色を選ぶのも同じくらい大事なことです。

ビビッドカラーが似合うタイプの人は無理に地味色にシフトするよりも、鮮やかな色を着る方が華やかで若々しい印象でいられますね。

くすんだ色を着るとどう見える?

『ただでさえ目立つ濃い顔だから服くらいは地味なものに…』

このように思う派手顔美人もいるかと思いますが、地味色を着ようが派手色を着ようがどっちにしても目立つことに変わりはありません。

綺麗に目立つか、似合わない悪目立ちをするかの違いです。

それなら肌や瞳をキレイに見せてくれるビビッドカラーで目立つ方が良いですね。

ちなみに、鮮やかな色が似合う人がくすんだ色を着用することで、

  • 肌がくすんで見える
  • フェイスラインがぼんやりする
  • 疲れた印象で老けて見える

などの恐ろしいことが起こります。

『似合う』を無視してキレイに見せるのは非常に難しいことなのです。

派手色が似合う人の着こなしポイント

赤いセーターやロイヤルブルーのワンピース1枚で素敵に見えるといっても、毎日ビビッドカラーだけ着るわけにはいきません。

着てはいけない色なんて1色もありませんから、似合いづらい色も上手に着こなしてファッションを楽しみたいですね!

コントラストが得意

鮮やかな派手色が似合う人は強いコントラストもお得意。

白と黒は定番の色ですが明るさのコントラストが最も大きい配色でもあります。

つまり、ビビッドカラーが得意な人はモノトーンコーデも似合う人が多いのです。

また、淡い色やくすみ色で全身をコーディネートしてしまうととにかくお顔が浮きまくることになってしまうので、ダークカラーと合わせたり、ビビッドカラーをアクセントカラーとしてプラスすると良いでしょう。

くすみカラーは光沢でカバーする

使い勝手の良いベーシックカラーのベージュやカーキ・人気のグレイッシュカラーは濁りが強いのでビビッドカラーとは正反対の色です。

キレイに着こなすのは難しい苦手色ですが、光沢を取り入れることでカバーできます。

ビビッドカラーが似合う人はキラキラ光るものもよく似合うので、

  • ピアスやネックレスなどの輝くものを付ける
  • レザーやエナメル・シルクなど光沢のある素材を選ぶ
  • 濡れたようなツヤ感のあるメイク(リップ・目元・ベースメイクなど)

にすることでくすみカラーもキレイに着こなすことができます。

まとめ

ビビッドカラーが似合う人は日本人に少ないながらも、カラーバリエーションとして鮮やかな派手色は服屋さんやショップでよく目にします。

普段ベーシックカラーばかりを着ている人は「ビビッドカラーは似合わない!」と思いがちですが、そのベーシックカラーは見慣れている色なだけで似合っている色ではないかもしれません。

自分の思い込みや決めつけはキレイを遠ざけてしまう可能性があるのです。

とはいえ、似合わないビビッドカラーを多用するとただの『派手色好きな人』になってしまうので、まずはバッグや小物などで取り入れると失敗が少なくオススメです。

気持ちも上がるビビッドカラーでおしゃれを楽しましょう。

 

こちらの記事もおすすめ!

 

関連記事

  1. 【派手顔・地味顔】パーソナルカラーに顔立ちは関係ある?

  2. パーソナルカラー難民~誤診~

  3. 【パーソナルカラータイプ別】似合うデニムの色

  4. 【パーソナルカラータイプ別】似合うウエディングドレスの選び方

  5. 【彼氏・旦那がダサい】のは似合わない色が原因かも!

  6. パーソナルカラー【スプリングタイプ】の色選び 3つの最重要ポイント!

  7. 【誰でもそれなりに似合う色】間違いなしの服とメイクの色

  8. 【ブルベ・イエベ】どっちも当てはまる!?中間肌の見分け方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP