• 函館
  • 公開日 / 最終更新日

函館はレディースの服屋が少ない? 安い洋服を着こなすには?

函館でパーソナルカラーアナリストをしているMAUVE 今村美香です。

突然ですが、函館(あるいは近郊)で暮らす女性のささやかな悩みとして「レディースファッションのショップが少ない問題」があると思っています。

「ネット通販で買うから問題なし!」という方ならともかく「試着して選びたい!」方にはなんとも選択肢が限られる現状ですよね。

この記事では”函館のレディースファッション選択肢”を考慮した上で「お洋服選びのポイント」を考えてみたいと思います。

函館のレディースファッション選択肢

デパート系は勢いがイマイチ

本町には老舗百貨店の「丸井今井」、五稜郭・梁川地区には「テーオー小笠原」がありますね。

いずれもファッションテナントがいくつか入ってはいるものの、想像以上に閑散としています。

「人がこないから品揃えがよくない」のか「品揃えがよくないから人がこない」のかはともかく、これなら旅費がかかっても札幌まで足を伸ばした方が間違いありません。

 

個人経営のセレクトショップは厳しい現状

行啓通(電車道路沿い)や大門地区の方では個人によるセレクトショップもいくつかあります。

しかし、私が学生の頃にあったお店で今も残っている所はごくわずか。

ほとんどのショップは何らかの事情で閉店してしまうので、函館で上手くやるのは難しいのかもしれません。

また、この手のお店は古着の扱いが多く、学生や20代前半くらいの世代がメインターゲットとなるでしょう。

20代後半から30代、40代となるにつれてどんどんお洋服選びが難しくなっていくのですね。

 

プチプラ・ファストファッション系は意外と充実?

デパート・個人店が厳しい状況であるなか、意外なほどに充実の一途をたどっているのがプチプラ・ファストファッション系の店舗。

主に全国展開している有名企業のお店となりますが、主に下記ですね。

  • ユニクロ(昭和タウンプラザ内)
  • GU(昭和タウンプラザ内)
  • 無印良品(本町シエスタハコダテ内)
  • しまむら(東山、上磯、桔梗、大森町、フレスポ戸倉内)
  • アベイル(桔梗)
  • シャンブル(美原)
  • earth music & ecology(美原)
  • ハニーズ(港町ポールスター内・美原メガドンキ内)

特にしまむら(系列のアベイル・シャンブルを含む)は函館市内でもかなり安定している模様。

ここ最近では人気のGUもオープンしよりプチプライスでファッションを楽しみやすい環境が増えました。

 

プチプラ・ファストファッションの落とし穴と注意点

安いからこそ「安さで決めてしまう」という失敗

素敵なお洋服がリーズナブルに買えれば嬉しいものですよね。

でも、時折行われるセールで「安いからなんとなく買ってしまった」そんな経験ありませんか?

家で合わせてみたら「サイズ感が微妙」「色合いがなんか変」「そもそもあまり気に入ってない」など、安いとはいえ後悔が残るようでは問題ですよね。

 

無意識にそういう事が増えると「安物買いの銭失いだ、もうプチプラはやめよう!」と決めつけてしまう人もいます。

しかし、大事なのはお洋服の値段ではなく「選ぶ基準や組み合わせ方」ではないでしょうか?

選択基準が「価格の安さ」だけでは、一番大切な「着て満足する気持ち」を得にくくなってしまうのですね。

 

流行を捉えすぎると、お洋服としての旬もすぐに通り過ぎる

プチプラ・ファストファッション系のお洋服は前提として「安く流行に乗ろう!」的なコンセプトがあります。

つまり、ファッションとしての旬を(価格的に)素早く取り入れられる点に重きを置いているのですね。

しかし、あまりに流行を捉えたアイテムばかりを揃えると「来年にはもうなんか・・・恥ずかしい」みたいなパターンに陥ることも。

できるだけ長く愛用するためには「流行に左右されにくい定番品」を中心に有効活用していくのが優先事項。

その上でトレンドを意識してみたり、ちょっと冒険心を出して遊んでみるのがおすすめです。

 

プチプラ・ファストファッションを上手に着こなすために

一つの判断基準として「自分に似合う色」を知っておくこと

先に言うと、色だけではなくサイズ感も重要です。

しかし、パッと見のイメージや印象を作り出す大きなポイントは「カラー(色)」にあると言っても良いでしょう。

ファッション誌をいくら眺めて参考にしても、そこでポーズを決めている人は自分ではありません。

”自分に似合う”をコントロールするためにはまず「自分を知ることが大切である」と言っても過言ではないのです。

 

その方法の1つとして、とても強力な指針となる「パーソナルカラー診断」をご存知でしょうか?

肌の色や瞳の色素、毛髪の色は人それぞれ微妙に異なっており、診断することで似合う色(パーソナルカラー)のパターンを知ることができます。

作業としては上記のように、診断用のドレープ(色布)を当てて「色彩のプロ」が1つ1つ確認しながらパーソナルカラーを探り出していくというもの。

パーソナルカラー診断のみであれば60分〜90分程度で自らのパーソナルカラーを知ることができ、結果「リーズナブルなお洋服でも上品に着こなす判断基準が手に入る」のですね。

さらに骨格なども含めたより精密なトータル診断もありますが、興味のある方は下記を参考にしてみて下さい。

 

さいごに

限られた予算でうまくオシャレできるってカッコいい!

上質な素材と確かな縫製で作られたブランドのお洋服も素敵ですよね。

しかし「ブランドを着ていればオシャレ」なんて理論はありませんから、お洋服の価格に関わらず「似合うを選ぶセンス」が必要になるのです。

そのセンスは「判断基準」さえもっていれば鍛えられるものだと考えています。

限られた予算でもうまくオシャレできたらとってもお得な気分になれますし、カッコいいですよね。

ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

  1. 函館でセミナー講師派遣は「カラー分野」が人気の理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP