似合ってない!?【ハイブランド】なのにダサく見えてるかも!

高いお金使ってあのダサさはないよね〜!

ブランドバッグは持っているだけでおしゃれに見えるものではありません。

高級なブランド服を着用するだけでキレイに見えるわけはありません。

似合わないハイブランドでダサく見えていたら… 恥ずかしいしかっこ悪さも倍増です…。

ハイブランドってどんなイメージ?

高額だけど品質が良い

アクセサリー・腕時計・革製品・洋服…

安く買おうと思えばいくらでも安く、そして可愛いものを見つけることができるようになりました。

しかし、すべてとは言いませんが安いには安いなりの縫製や素材であることを経験済みの人も多いのではないでしょうか?

一流のハイブランド商品は、高額ではありますが品質の良さから長く使えることがメリットでもあります。

やっぱり憧れる!高いデザイン性とセレブ感

おしゃれ芸能人や海外セレブ・人気ブロガーのファッションや持ち物は興味深いですね。

「○○の新作」「○○ならではのデザイン」

ハイブランドはファストファッションとは大きくデザインも価格も異なりますから、『ハイブランドを着れるお金持ちでファッショナブルな人』に憧れを抱く女性は多いものです。

若者の高級ブランド離れ

一目でハイブランドとわかるバッグをみんなが持っていたのはひと昔前のこと。

今は高級志向の減少もあってかあまり見かけなくなりました。

(すぐわかるブランド品を持つ人が減っただけで、ブランド品自体が悪いわけではありません)

バブル期は高級な車やブランドバッグなど、ステイタスとしてわかりやすい贅沢に憧れと喜びを持っていた時代ですが、今は自分の時間や趣味に費やす個人的な贅沢を求める時代になったからでしょう。

ブランド品をダサく見せてしまう人

前述のように、ブランドバッグが流行ったのは『過去のこと』のイメージができてしまい、流行遅れ・昔っぽい感じがしてしまうので適当に合わせるとダサく見えてしまいます。

他にも、

  • わかりやすい全身ブランドコーデ
  • 汚い・ボロボロの年期が入ったブランドバッグ
  • ブランドロゴ全開
  • 自慢のブランド品一点以外みすぼらしい
  • 変わったデザインに顔立ちその他すべてが負けている
  • 偽物を持つ(これは論外ですが)

なども、せっかくのハイブランドをダサく見せてしまうのです。

有名なハイブランドといえば…

  • エルメス(HERMES)…フランス
  • ハリー・ウィンストン(HarryWinston)…アメリカ
  • ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)…イタリア
  • シャネル(CHANEL)…フランス
  • ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)…フランス  LVHMグループ
  • グッチ(GUCCI)…イタリア
  • ブルガリ(BVLGARI)…イタリア LVHMグループ
  • カルティエ(cartier)…フランス
  • プラダ(PRADA)…イタリア
  • ミュウミュウ(MiuMiu)…イタリア ※プラダより価格を抑えたセカンドライン
  • ディオール(Dior)…フランス LVHMグループ
  • ロエベ(Loewe)…スペイン LVHMグループ
  • アルマーニ(ARMANI)…イタリア
  • ティファニー(Tiffany)…フランス
  • サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)…イタリア
  • フェンディ(FENDI)…イタリア LVHMグループ
  • セリーヌ(CELINE)…フランス    LVHMグループ
  • バーバリー(Burberry)…イギリス

※コーチ(COACH)…アメリカ は価格が安くハイブランドとは言えません。

パーソナルカラータイプ別 似合うブランドの選び方

上質な革製品や重厚なハイブランドはブラウン系のイメージが強く、パーソナルカラー的にダークブラウンや茶系は『オータムタイプ』が得意とする色です。

とはいえ、どのようなタイプにも似合うハイブランドがありますし、素敵に着こなす方法があります。

スプリングタイプ


イエローベースで明るめの色が似合う『スプリングタイプ』にオススメのハイブランドはバーバリー

バーバリーチェックといったらライトベージュ、これはスプリングタイプにとって大得意カラーです。

トレンチコートの裏地やバッグなどコーディネートのアクセントになりますね。

アイボリーやピンクと組み合わせた軽やかな配色のグッチもよく似合います。

ミュウミュウは色鮮やかでカラフルな色がたくさん!

スプリングタイプは重々しい印象にならないよう、華やかなキレイ色が使い勝手が良いでしょう。

サマータイプ


ブルーベースで明るい色が似合う『サマータイプ』にオススメなハイブランドはクリスチャンディオール

ディオールは比較的茶系が少なく、ネイビーやグレーなどサマータイプの定番色が見つかりやすいブランドです。

ピカピカしている素材より布地や控えめなツヤ感の革が調和がとれて良いでしょう。

また、クロエイブ・サンローランは可愛らしく優しい色が豊富なのでぴったり。

アクセサリーはティファニーがオススメ!

繊細で華奢なデザインでシルバーが多く、ティファニーカラーのキレイな水色もよく似合います。

オータムタイプ


イエローベースでダークカラーが似合う『オータムタイプ』にオススメなハイブランドはルイ・ヴィトン

まず、ルイ・ヴィトンといったら誰もが思い浮かぶモノグラムやダミエはこげ茶、オータムタイプはしっかりとした深みのある革を持っても違和感がなく馴染みます。

他にもフェンディグッチも得意の茶系が多くお似合いになります。

グッチはシェリーライン(赤緑のライン)があるものが特にオススメ。

また、オレンジを美しく着こなせるのはオータムタイプの特権!

エルメスの濃いオレンジの紙袋や箱がよく似合うので、ショッピング後に紙袋を持って歩いているだけで、

『自分に似合うものを選べる人』『オシャレな女性』に見えてしまうでしょう。

もちろんオレンジやキャメルなどのエルメスのバッグ(バーキンやケリーなど)も似合います。

ウインタータイプ


ブルーベースで鮮やかな色やモノトーンが似合う『ウインタータイプ』にオススメなハイブランドはシャネル

シャネルのといったら、ツヤのある黒・誰もが知ってるあのマーク・豪華なチェーン。

これらを余裕で着こなすことができるのはウインタータイプです。

他にビビッドカラーが豊富なエルメスルイ・ヴィトンなどもオススメ。

また、独自の飾りモチーフが有名なブランドがありますが、フェラガモガンチーニグッチビットなど存在感がある金属デザインも似合います。

どのブランドにも言えることですが、黒(特に光沢のあるもの)はウインタータイプにとって大得意です。

まとめ


ブランド物だからおしゃれというイメージは今の時代全くありません。

ハイブランドとはいえ、自分に似合うバッグや服を選ぶ延長でブランドも選ぶのが正解です。

コーディネートをする上でも、普段のファッションにさりげなくブランドバッグを合わせるような、かっちりし過ぎないラフな取り入れ方が今っぽいですね。

高額の一流ブランドでダサく見えるなんて本当にかっこ悪いことですから、品良くキレイに着こなしましょう!

 

関連記事

  1. パーソナルカラー自己診断が難しい理由

  2. 道南・函館で丁寧正確なパーソナルカラー診断を行っています

  3. 【グレイヘア】素敵に見える人・お婆さんに見える人の違い

  4. 賛否両論【マタニティフォト】不快感を与えないSNSとは?

  5. 【ダイエット成功後の服選び】無駄なく買い替えるポイント

  6. 【彼氏・旦那がダサい】のは似合わない色が原因かも!

  7. 実は多い!?【黒が似合わない人】のカラータイプ別着こなし術

  8. 色白・色黒に似合う【水着の色】と体型カバーのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP