【ゴルフ初心者】女性の服装マナーとおしゃれな着こなし

ゴルフはマナーが厳しいイメージ…何を着たらいいのか悩んでしまう!

ゴルフは「紳士のスポーツ」といわれ、服装にもそれなりの品格が求められます。

昔はおしゃれと程遠いイメージでしたが、最近はファッション性が高くなり男女ともにおしゃれなウェアが多くなりました。

最低限守るマナーを抑えてゴルフファッションを楽しみましょう!

ゴルフの服装マナー

プレイ中の服装

絶対NGファッション
  • Tシャツ
  • タンクトップ
  • キャミソール
  • ジャージ
  • トレーナー
  • ジーンズ
  • サンダル(ミュール)
  • スニーカー
  • タオルを首にかける・腰に下げる

つまり、ラフな服装はNGと考えましょう。

※NGとされていた迷彩柄もプロの着用などから、ここ最近はok範囲に入りつつあります。

今後デニムなど現在のNGが変わっていくかもしれないですね。

襟付き

トップスは襟付きが基本なので、ポロシャツのように襟がついていればなんでも良いです。

タートルネックやモックネックのように高さがあるものもokとされています。

また、下に襟があるものを着ていればアウターにカーディガンやパーカー・ブルゾンなども着用できます。

シャツはIN

最近はボトムからシャツを出した着こなしも見られますが、基本的にはシャツはインと思っていた方が良いでしょう。

ボトムもベルトが通せるロング丈パンツが基本です。

スカート・ワンピース

女性は極端に短くなければ、スカート・短パン・ワンピースもokです。

肌の露出を少なくすることはマナーですし、日焼けや虫刺されも予防できるのでロングソックスやレギンスもオススメです。

帽子・手袋

帽子は絶対に被らなければいけない決まりはありませんが、夏のラウンドでの直射日光、熱中症予防・打球から頭を守るなどの理由からキャップやバイザーを被る人が多いです。

ニット帽もokですからおしゃれの面でも冬の防寒対策にも、用途にあったものを選ぶといいですね。

また、利き手の逆に手袋(グローブ)をしますが、片手だけ日に焼けるのを防ぐために両手に手袋をした方が良いでしょう。

クラブハウスでの服装

服装のマナーはプレー中に限ったことではありません。

クラブハウス内(ゴルフの行き帰りにも)ドレスコードがあるのです。

まず、ゴルフシューズのままクラブハウスに入ってはいけないので、女性の場合は高すぎないヒールパンプスが好ましいでしょう。

生足はNG!スカートでもパンツでもストッキングまたはタイツを着用、ジーンズやTシャツもいけません。

パッブリックコースにおいてはドレスコードもゆるくなっていますが、ふさわしい格好を意識しましょう。

※各ゴルフ場によりドレスコードやNGラインが微妙に異なります。

格式の高い名門クラブや会員制のコースでは、もっと厳格なマナーがある場合が多いので注意が必要です。

ゴルフウェアをおしゃれに着こなすために

ゴルフ女子鉄板ブランドウェア4選

キャロウェイ


トレンド感があり、ラインによって可愛いキレイめなどテイストが違うので、幅広い層から人気があるブランドです。

パーリーゲイツ

ファッション性が高く遊び心があり、面白いデザイン変わった柄が多いので目立つこと間違いなしです!

アディダス

ゴルフのみならず、有名なスポーツブランドなので機能性が抜群ですし、デザインもおしゃれで可愛いです。

ルコック

なんといってもグリーンに映えるきれいな色!発色が良く、元気スポーティなイメージです。

パーソナルカラー

人にはそれぞれ生まれ持った色素(肌・髪・瞳など)と調和する色、つまり似合う色があります。

  • 似合う色は、フェイスラインに良い影が入りお顔がシャープに見えたり、お肌に透明感がでてきれいに若く見えます。
  • 似合わない色は、目の下に影(クマ)が見えたり、お肌がくすんで見えたり顔色が悪く見えます。

 

ゴルフは普段なかなかしないカラフルな色のウェアが多く、女性の楽しみのひとつでもありますね。

ですが、似合わない色のゴルフウェアは悪目立ちしてしまいます…。

ゴルフウェアは高価ですし、色選びに失敗しないためにも自分のパーソナルカラー(似合う色)を知ることは

無駄な買い物を減らすことにもなりますね。

パーソナルカラー診断を受けることはゴルフ以外にもオススメです。

色別コーディネート

赤・ピンク

  

赤やピンクは女性に人気のカラー、デザインも豊富です。

中でもピンクは幅が広い色(パウダーピンク・ショッキングピンク・コーラルピンクなどさまざま)なので、白・黒・グレーといったモノトーンと合わせると失敗もなく、キレイにまとまります。

黄色・オレンジ

     

黄色やオレンジといったビタミンカラーは落ち着いたイメージにするより元気な可愛らしいコーディネートがぴったり!

オススメは反対色の青やネイビー、爽やかさと品をプラスしてくれます。

青・緑

  

青や緑は男性ゴルファーにもよく見られる色。

明るい色・優しい色を合わせると女性らしく差をつけることができます。

  • ネイビー×パステルピンク
  • 青×ラベンダー
  • 緑×ライトグレー(ドット柄)など

ベージュ・白・黒

  

あまり派手な格好は苦手…という人はベーシックカラーを選ぶことが多いと思いますが、無地の白・黒・ベージュの組み合わせは少しつまらない印象に…

ベーシックカラーだからこそアクセントカラーに何色を持ってきてもうまくいくのです!

普段着ない色のベルト・襟やフード裏が鮮やかな色のものなど、アクセントカラーは面積が小さいのに最も印象に残るのでオススメですね。

 

一緒にコースを回る人のためにもマナーを抑えたファッションで、プレイ中もおしゃれを楽しみましょう!

関連記事

  1. 市民プールやジムの【大人の女性用水着】後悔しない賢い選び方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP