• スポーツ
  • 公開日 / 最終更新日

市民プールやジムの【大人の女性用水着】後悔しない賢い選び方

可愛い水着は持ってるけど 市民プールにはだめっぽいな…。

ダイエットや健康のためプールに行こうと考えた時、まず悩むのが水着。

リゾートや遊泳用のおしゃれ水着は持っていても、市民プールなどに適した水着は持っていない女性も多いはず。

可愛いさやトレンドで決める水着では無いため、一度買ったら長く着ることになりやすいので失敗は避けたいですよね。

公営プール・スポーツジムではどんな水着を着るといいの?

市民プールや区民プールは何と言っても安さが魅力。

幅広い年齢層の人が利用するため泳ぐことを目的としていない人も多くいます。

対してスポーツジムに来る人は、公営プールに比べると泳ぎに力が入っている印象です。

競泳水着

競泳水着とは水泳選手が着用しているもので、これは泳ぐための水着。

水の抵抗を無くすように作られているので生地は薄く体にフィットします。

体のラインも出やすく、競泳用の水着を着ているだけで水泳が得意でバリバリ泳ぎに来た人の印象を持たれやすいです。

また、ハーフスーツといって膝まであるタイプも増えています。

フィットネス水着

水中ウォーキングやアクアビクスなどに適した水着です。

ガチで泳ぐというよりはプールで動きやすい・運動しやすいといった作りになっています。

競泳用に比べると生地は厚めですし水の抵抗を受けやすいので、泳ぐことを目的としているなら競泳用水着の方がオススメですが、

  • 子供の習い事やプールの付き添いのために水着を着るママ
  • 健康のために水中ウォーキングをする人
  • ゆるく泳ぎたい人
  • プール初心者

などにはフィットネス水着がぴったりです。

これはNG!気をつけたい水着のデザイン

スポーツジムや市民プールでは施設利用の規則やルールがあり、ビキニNGのところがほとんどです。

小さなお子さんの場合はさほど厳しくはないですが、大人の女性となるとワンピースタイプのように繋がった水着でもフリルや派手な柄・個性的なデザインのものは非常に浮いてしまいます。

『デザインは可愛めだけど落ち着いた色だからまぁいいかな』なんて気持ちで遊泳用の水着を来て行くと、白い目で見られてしまうかも…。

 

また、初めての利用する人が忘れがちなのが水泳キャップ

海やテーマパークとは違い必ず水泳キャップを着用しなければいけないので、忘れるとプールに入れません!

(貸し出しをしているところもありますが、全ての施設でレンタルがあるわけではないので忘れると悔しい思いをしますよ)

水着を購入するときのポイント

サイズは重要

水着の特徴として

  • 長く着続けると生地が伸びてくる
  • 水に入る(濡れる)ことで生地が少々ゆるむ

などがあります。

ダイエット目的なら、痩せることも考えられるので少し小さめを購入すると良いでしょう。

また、上下が分かれたものなら着脱も簡単ですし、例えば下半身が特に引き締まりサイズが変わった場合下だけ買い替えることができるなどのメリットもあります。

何色が1番無難かな?

フィットネス水着は明るい色などもありますが、ジムや市民プールでの水着は全体的に暗い定番カラーが多いです。

  • 紺色
  • 灰色

ショップでも大体上記3色に差し色のカラフルさを感じる程度。

そこでこの3色の中からベースカラーをどの色にするかが重要なポイントになるのです。

まずは、実は日本人で真っ黒が似合う人は非常に少ないため全く無難な色ではありません。

意外と思う人も多くいるでしょうが、黒を着ることで顔色が悪くくすんで見える場合が多いのです。

灰色は明るさによってイメージが変わりますが、黒が似合わない人はダークグレーにするのがオススメ。

黒とダークグレーは似ているようでも違う色、真っ黒に比べ灰色は優しい印象になるため年齢が上がるほど黒の代替色として使うと良いでしょう。

そして紺色は日本人の肌に馴染みやすく使い勝手の良い色、まさに定番・無難色といえます。

注意したいのはデザインによってはスクール水着感が出てしまうこと、アクセントカラーがあると良いですね。

コンプレックスがある人は…

『プールには入りたいけど水着にはなりたくない』そんな女性は多いもので、体型や肌のコンプレックスを持っていると肌の露出が多いものは避けたいですね。

ワキ・ビキニラインのムダ毛や黒ずみ問題は…

  • ビキニライン→ ハーフスーツなど太ももまで隠れる長めを選ぶと良いでしょう。
  • ワキ→ ノースリーブタイプより半袖タイプを選ぶことでワキが見えないので安心です。

肌露出が少ないものは背中の毛などを気にする人にも◎

ワキを気にして腕を思い切り上げられない・周りからどう見られているか常に気になる、これでは水泳に集中できませんし美しいフォームもできませんね。

肌をしっかり覆うタイプの水着はムダ毛処理を怠るズボラ女子にも最適なのです。

オススメのおしゃれ&体形カバー水着

雑誌やネット・ショップなどからトレンド情報をたくさんゲットできるビキニとは違い、競泳用水着・フィットネス水着の特集が華々しく組まれることはほぼありません。

そこで、ベーシックで飽きがこないながらもちょっと可愛くて体形もカバーできちゃうオススメの水着をご紹介します!

まずはデザインに大きな差がない競泳水着。

      

黒・紺といった暗い色がメインになる競泳用水着もラインの色で印象が変わりますね。

ラインが入ったデザインは多くありますがポイントは細いラインであること。

さらにはデコルテのラインにも色があるとぱっと見の印象が違います。

水泳キャップやゴーグルのバンド部分の色を揃えるとさらにおしゃれ度が増して見えますね。

ウエスト辺りにカーブを描いたラインが入ることでくびれたように見える効果もあるため女性には嬉しいデザインです。

 

フィットネス水着もラインの入り方で細く見せることが可能です。

ファスナーや太もも中央に入るラインは縦長の印象を強めるのですっきりと見え着痩せ効果が抜群です。

競泳用に比べて色が豊富なのでパーソナルカラー(似合う色)を意識して選ぶこともできます。

上下が別れたタイプ・ラインなど色が増えやすいので水泳キャップやゴーグルはどれかの色に揃える、または黒などのベーシックカラーにするとゴチャゴチャしなくて良いでしょう。

締め付けが苦手、水着っぽくないものを希望する人にはまるでTシャツのようなタイプもオススメ!

ラグランスリーブだと肩幅が狭く見えるので、怒り肩にお悩みの女性にもぴったりですね。

まとめ

健康のため・スタイルアップのため、プールの目的は様々ですが水着選びで大事なポイントはこちら!

  • 本気で泳ぐのかどうか(競泳用orフィットネス水着)
  • 人目を気にせず集中できる水着(ムダ毛・肌露出など
  • サイズ

ここを正しく選べたらあとは自分に合った定番色色使いのオシャレさなどで決めると良いですね!

可愛さ重視の水着ではないながらも、どこかに可愛らしさを感じる、そして飽きずに長く使える水着を見つけましょう。

関連記事

  1. 【ゴルフ初心者】女性の服装マナーとおしゃれな着こなし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP