【透けない下着】おしゃれで可愛いのに意外と透けない色は?

透けない色の下着って可愛くないイメージ…

おしゃれで可愛い下着は気持ちも上がりますし、人目に触れないながら下着もファッションの一つとして楽しむ女性は多いですね。

とはいえ、白いボトムや白Tシャツを着るときは透けないように地味な下着になりがち。

そんなお悩みを解決する透けないのに可愛らしい色… 実はあるんです。

透けやすいインナーの色

透けやすい下着の色といえば…

  • 濃い色
  • 派手色(ビビッドピンク・黄色・オレンジなど
  • 寒色(紺は特に!)

透けやすいとされる色から4色を選び、オフホワイトのシフォン生地を載せてみましたが、かなりの透け具合です。

また、意外なのがパステルカラーの下着。

薄い色なら透けないと思っている人は多くいますが、色みやトーンによってはスッケスケ!

写真ではわかりずらいかもしれませんが、上2色に比べ下2色は少しくすみがあるピンクです。

明るく優しいピンクという点ではどれも同じですが、くすみのあるピンクは透けにくく、可愛らしい甘めのピンクはかなり透けているのがわかりますね。

つまりピンクに限らずパステルカラーは要注意色!

白もまた、驚きの透け色なのです。

透けない色は可愛くない!?

王道のオバサンカラー

透けない色で誰もが思い浮かぶのがベージュ、よくいうラクダ色です。

白Tシャツやブラウスなど透けやすい服にはぴったりの色ですから、女性なら誰でも1枚は持っている定番の色。

ですが、このラクダ色という響きから『ババシャツ』『ステテコ』といったオバサンまたはオジサンのイメージが広がるので、勝負下着には絶対ならない色でもあります。

 

ベージュと似たような色でモカという色名の下着も透けないことで有名な色。

モカは名前の通りカフェモカ(チョコレートとミルクを混ぜたコーヒー)の色のこと。

ベージュより少々濃いめで茶系に近い色、オバサンイメージが少なくなります。

どちらも透けない大活躍カラーであることは確かです。

意外に透けないセクシーカラー

透けやすいと勘違いされるNo1カラーが

下着としては派手でセクシーな色ですが意外にも透けないですし、身体を温めたり自信を持てたりと心身共に良い効果があるオススメの色です。

ただ、ひとくちに赤といっても色々な赤があり、クレヨンのようなド派手な真っ赤は目立ちますが、落ち着いた深みのある赤は透けにくいのでオススメ!

赤系の下着は色気溢れる情熱的なイメージなので苦手と思う人もいるかもしれませんが、白との組み合わせやドット柄・花柄など可愛らしい赤もあるので挑戦してみるのも良いですね。

肌の色によって透け感は変わる

人にはそれぞれ似合う色があるように、肌の色によって違和感がなく馴染む色があります。

【違和感がなく馴染む色】=【似合う色】でもあるのですが、ここでいう馴染む色とは同化のこと。

例えば、肌の色に近いベージュの服を着ると一瞬『あの人裸!?』に見えることがありますが、同化とはそのような状態のことを指します。

透けにくい色とされるベージュは幅が広い色で、

  • 黄色みの強いベージュ
  • 茶系のベージュ
  • 灰色がかったベージュ(グレージュ)
  • ピンクベージュ

など、ベージュと呼ばれる色はまだまだたくさん存在します。

どこまでをベージュと捉えるかにもよりますが、肌になじまないベージュはかえって目立つこともあるのです。

 

そこで、モデル2名の背中に同じ色をそれぞれ2色づつ置いて比べてみました。

      

同じ色でも色白肌と色黒肌とでは見え方が変わりますね。

(二人の背中に置いた2色は全く同じ色ですが若干違う色に見えているのは明度対比という錯視現象が起こっているため)

どちらの色が馴染んでいるかは一目瞭然です。

※肌が黄み(イエローベース)か青み(ブルーベース)かでも同様に色の見え方は大きく変わります。

色白の人にオススメな透けない下着の色

色白の人は明るくさらに少しくすみがある色を選ぶと肌馴染みが良く見えます。

  • ラベンダー
  • ライトグレー
  • ピーチ
  • モーブピンク・ダスティピンク

 

定番カラーのベージュは明るめのもの(ライトベージュ)がオススメ。

     

色黒の人にオススメな透けない下着の色

色黒の人は濃すぎない深みがある暖色系との相性が良くお肌も綺麗に見えます。

  • ワイン・ボルドー
  • ブラウン
  • サーモンピンク
  • ダスティパープル

  

また、ベージュよりモカを選んだ方が肌に馴染みやすくオススメです。

  

色以外にも!透けたら恥ずかしい○○

透けたら恥ずかしいのは色だけではありません!

これはおしゃれ云々ではなく大人の女性のマナーとして、しっかりチェックすべきポイントです。

ラインが透ける

白いボトムは下着の色が透けていないかばかりを気にしてしまい、ショーツのラインがくっきり見えていることに気づいていない人がいます。

また、タイトなトップスから食い込んだブラの線が見えるのも非常にかっこ悪いものです。

  • 継ぎ目がないシームレス
  • 総レース
  • Tバック

これらの透けにくいとされる色を持っていると便利ですね。

シルエットが残念

タンクトップ型インナーが透けるとなんだかおじさんっぽい印象です。

バストをしっかり支える幅の広いブラ(4段〜6段ホック)フルカップのブラが透けるのもおばさんっぽい印象です。

特に後ろ姿は見落としがちなので、しっかりチェックしましょう。

パッドが丸見え

脇汗対策のパッド、またはパッド付きの脇部分大きめインナーが透けて見えている人がいます。

汗で服が濡れて下着が透けるよりはパッドが透ける方がマシですが…

『脇汗対策バッチリですね♡』と思われるのは恥ずかしいものですし、バレないように使いたいですね。

まとめ

透けにくい下着の色とは、ベージュ以外にもたくさんあるということ。

服の色や素材の透け具合によって多くの色を楽しめます。

いつも可愛い下着で美意識を高めるために、また女性のたしなみとして透けない色を上手に選びたいですね!

 

こんなインナーもオススメ。

色・レース・形など透けない要素はバッチリですし、なんならレース部分がちょっと見えても可愛いので大活躍しそうですね。

透けないことに重点を置いた下着でも、お気に入りを見つけて楽しみましょう!

関連記事

  1. 【ディズニープリンセス】コスプレは似合う色で可愛さ倍増

  2. 【ダイエット成功後の服選び】無駄なく買い替えるポイント

  3. 色を変えるだけで美人に見える!?【美人風】の作り方

  4. 【変装】知り合いにバレない・存在感を消すための必須ポイント

  5. 男性が【女性らしくなる】には【似合う】を知ることが重要

  6. 【ハイゲージニット・ざっくりニット】似合うニットの選び方

  7. 汗かき女子のお悩み解決!汗じみが【目立たない色】の服とは?

  8. 似合わない色だって着たい!〜脱・カラータイプ縛り〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP