おしゃれな妊婦さんにオススメ!初めてのマタニティコーデ

妊娠中だっておしゃれで可愛い服を着たい!

大きくなるお腹はかわいい赤ちゃんが育っている証拠。

体が重い・痛いなどはあるものの、嬉しく幸せな変化ですね。

妊娠は何度も経験できるものではなく、この特別な期間は長いようであっという間!

妊婦だからこそできるおしゃれの楽しみ方があります。

マタニティウェアっていつから着るの?

○ヶ月からはマタニティウェア着用!といった決まりはもちろんありませんが、4〜5ヶ月頃からが多いでしょう。

お腹のでかたは個人差があり人によってさまざまなので、急いでマタニティウェアを着る必要はありません。

ただ、妊婦にとって締め付けはNG!

いくら体重の増加が少なくても、元々スリムでタイトな服が着れたとしても、ぴたぴたの伸びない生地は早めにやめるようにしたいですね。

体がラクな格好は赤ちゃんのためにも良いことです。

マタニティウェアはどのくらい必要?

妊娠期間は10ヶ月、とはいっても妊娠初期のお腹は妊娠前と変わらないはず。

「あれもこれも必要!」「洗い替えにもっと必要?」

マタニティウェアはたくさんかってしまいがちです。

ですが、すべてマタニティウェアに頼らずとも手持ちの服を活かすことも可能ですし、産後の使いみちをを考えると少ないかな…くらいで十分でしょう。

※2人目・3人目も考えている場合でも、その時に買い足せばいいだけのこと。体型や流行の変化も考えられるので大量買いにはご注意を!

(私は二人出産しましたが、一人目の時に購入したマタニティインナーで全く使用しなかったものいくつかありました…)

マタニティファッションの必須アイテム

ワンピース

Aライン・マキシ丈・シフォンなどがおすすめ。

妊婦といったらワンピースというくらい定番のアイテムですね。

1枚で着脱もらくちんですし、経膣超音波検査や妊娠後期の内診などにも向いています。

妊娠中期ぐらいなら手持ちのワンピースで十分OK!

ただ、後期〜臨月は大きいお腹で後ろに比べ前の生地が上がってしまうので、膝丈くらいのワンピースだとかなり短くなってしまいます。

マタニティワンピースまたはマタニティ用でなくてもワンサイズ大きめ・長めを選ぶと良いでしょう。

ボトム

ゴム入りだから大丈夫!と思っていられるのは最初だけ。

デニムのファスナーを開けて履いていられても無理な時が来ます。

妊娠後期になって買い足すくらいなら、マタニティ用のボトムを早い段階から1枚GETしておきましょう。

デニムやテーパードパンツ、ワイドパンツなど種類も豊富です。

また、マタニティ用ボトムはお腹周りがゆったりと広いので腹部を冷えから守ってくれますね。

※手持ちのパンツにアジャスターをつけるのも便利です。

インナー・腹帯

下着は絶対にマタニティ用を使った方がいいです!

ショーツ

市販の股上の深いパンツぐらいでは妊娠後期のお腹には話になりません。

お腹をすっぽり覆うマタニティショーツは暖かくゴムの位置の違和感などもないので早めに購入しておくと良いでしょう。

産褥ショーツは産院で用意してくれるところもありますし、退院後は全く使用しないので何枚もいりません!産院に聞いてから用意しましょう。

ブラジャー

ブラは産後もしばらく使えるのでおすすめ。

妊娠中期〜授乳中は信じられないほどバストが巨大化しますし、ハリやすく固くなったり熱を持ったりと痛みを伴う場合も多いのでワイヤーなどが入ってない優しい素材の大きなブラは必需品です。

腹帯

腹帯にはベルトタイプ・腹巻タイプ・ガードルタイプがあり、大体妊娠5ヶ月(16〜19週)から巻き始めます。

腹帯を巻くことで重いお腹支え、胎児の位置を安定させてくれます。

(私は日中はベルトタイプ、就寝時は腹巻タイプを使用していました。)

マタニティコーデ おしゃれポイント

仕事着

キレイめマタニティウェアもたくさんでています。

パールやレースなど控えめで品のあるデザインは仕事以外にお出かけやフォーマルな場でも活躍するアイテムなので1枚持っていると便利です。

マタニティウェアであればストレートラインのスカートを着ることも可能!よく見かけるAラインワンピよりスッキリとした妊婦さんに見えますね。

大きなお腹で全身黒ずくめは重く暗い印象になりやすいので、明るい色と組み合わせるのがポイントです。

普段着

妊娠期間に着倒すつもりでトレンドのものを選ぶと良いでしょう。

冬のワンピーススタイルではマタニティ用カラータイツで変化をだすのも可愛いです。

アクセサリー

 

赤ちゃんが生まれると抱っこをする時に邪魔になるのでアクセサリー類はあまりつけれなくなります。

ネックレスや揺れるピアスを楽しめるのも今のうち!でもありますし、マタニティウェアは着回しがしやすいように黒・白・グレー・ネイビー・ベージュといった定番色が多くなります。

アクセサリーは気軽にファッションに変化をつけれますし、産後もずっと使えるものなので普段とは違うテイストや変わったデザインでおしゃれさをプラスしましょう。

色使い

上記にあるように定番色が多くなるマタニティウェアには、バッグや帽子の小物類・カーディガンなどにキレイ色を持ってきてアクセントにするのがおすすめ。

いろんな色を使うのはおしゃれのためだけではなく、実はお腹の赤ちゃんのためでもあるのです!

胎教といって音楽を聞かせたり話しかけたりしますが、色だってお母さんの皮膚を通して赤ちゃんに伝わります。

たくさんの色を赤ちゃんに感じさせてあげましょうね。

まとめ

  • マタニティウェア・マタニティ用品でなくてはいけないもの
  • 手持ちのものでいいもの
  • 必要な枚数

がわかると無駄な買い物をしないで済みますね。

初めての妊娠はワクワク楽しみでつい買いすぎてしまうので、必須アイテム以外は足りないようなら買い足すくらいの気持ちでおしゃれを楽しみましょう!

 

 

※おしゃれな妊婦さんは妊娠線予防も抜かりなく!!

      

私は1・2人目ともに妊娠中12キロ体重増加しましたが、ニベアを塗って腹巻きタイプ腹帯を毎日していたお陰で、妊娠線は全くできませんでした。

ニベア×腹巻きオススメです。

 

関連記事

  1. 「自分で服を選べない人」必見!服選びのポイント

  2. 【冬コート】おしゃれ&似合うアウター選びの重要ポイント

  3. おしゃれ【エプロン】プレゼントや料理教室で差をつけるには?

  4. 後悔しない【婚約指輪・結婚指輪】デザインや色選びの注意点

  5. 似合わない色だって着たい!〜脱・カラータイプ縛り〜

  6. 男性が【女性らしくなる】には【似合う】を知ることが重要

  7. 「たくさん洋服があるのにいつも着る服が決まらない!」人の原因と解決策

  8. 【ダイエット成功後の服選び】無駄なく買い替えるポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP