【卒業式・入学式】30代〜40代母親のおしゃれ&ダサい服装

悩んだ結果、無難なスーツにしようかな…

卒業式の次は入学式。

『できれば買わずに済ませたい』

『着回しができるものがいい』

『どんな服装がいいのわからない』 など

迷ってしまい、服装がなかなか決まらない人も多いのではないでしょうか?

フォーマルファッションは普段多くする服装ではないため、おしゃれな人とダサい人がはっきりとわかれてしまいます…。

卒業式・入学式のマナー

卒業式・入学式は準正装(セミフォーマル)が基本となっています。

また、幼稚園や小学校に比べ中学・高校・大学は式典のフォーマル感がアップしますし、母親の年齢も上がるのでマナーは非常に大事です。

◆ 卒業式でのマナー

まず、準正装ということですから本来はパンツスタイルはNG。

(でも最近はおしゃれなパンツスタイルも多く見られオススメです!)

スカートは膝丈です。

小・中・高の卒業式は体育館で行われることが多いため、寒さ対策から黒いタイツを履いている人がいますが正しくは肌色ストッキング着用になります。

式の最中にコート着用ももちろんNGです。

◆ 入学式でのマナー

春先取りといってつま先の空いた靴はいけません。

5センチほどのヒールパンプスが好ましいでしょう。

また、ジャケットを着ないのもNG。

地域性や子供の年齢にもよりますが、格式が高い場ではジャケット着用が必須です。

◆ 主役は子供

保護者が子供より華やかで目立つ場ではありません。

中学・高校のように制服の式典では特に母親も控えめな装いを心がけましょう。

子供も成長すると、自分の母親と周りの母親を見比べたりもするので、

  • 周りから浮いた装い
  • 周りと比べて派手すぎる など

子供のためにも周りと馴染むことも気をつけたいところです。

卒業式でのダサい服装のポイント

卒業式は『お別れ』の意味を込めて、暗めの色(黒・グレー・ネイビー)が多いです。

昔は卒業式といえばブラックフォーマルが定番とされていましたが、最近は少し変わってきていて少し明るめの色も増えています。

そんな中、『ダサい』と思われてしまう服装はというと…

就職活動中の学生さん

シンプルな形のスーツに、シンプルな白いシャツ。

無難を通り越して就活生になってしまいます。

おめでたい場では華やかさやおしゃれも必要です。

コサージュ取ったらお葬式

デザインが凝っていても全身が黒だと、コサージュをひとつプラスしたぐらいではお葬式感は拭えません。

黒とダークグレーは似ているようで全然別の色。

上下どちらかをグレーにするだけで印象は全く違います。

夜感漂う蝶々さん

シェイプが過ぎる…

ヒールが高い…

スカートが短め…

ひと目で分かるブランドバッグ…

品だけでなく、常識もない母親に見える可能性があります。

サイズが合ってない…

フォーマルファッション(スーツ)はモデルさんが着ても、なんだかスタイルが悪く太って見える事があります。

デザインうんぬんの前に、サイズが合っていない服はダサく見えます。

入学式でのダサい服装のポイント

入学式は『新たな始まり』『お祝い』の意味を込めて、明るい色(パステルカラー)などが多く見られます。

卒業式に比べ、色味が増え華やかさが増す装いだからこそ、『ダサい』にならないよう注意が必要です。

ふりふりピンクちゃん

淡いピンクのジャケットとスカート。

フリルの付いたデザイン。

 

パーソナルカラーといって人にはそれぞれ生まれ持った色素に調和する色(似合う色)があります。

パステルカラーが似合わない人もいますし、年齢的な問題もありますし…

似合う人が素敵に着こなしている場合は、春らしく華やかですが、そうではない場合のふりふりピンクの痛手は大きいです。

※水色ちゃんもいます。

多色使い

パステルカラーを何色も使っている

コサージュ、バッグ、パンプス…色味が全部違う。

幼稚園児の塗り絵になってしまいます。

系統が揃わないたくさんのピンクでまとめている

一口にピンクといっても種類はたくさんあります。

黄みのピンク・青みピンク・淡いピンク・濃いピンクなど…

同じピンクで合わせてもチグハグになることがあるのです。

卒業式?再び

年に何度も着るものではないだけに、着回しできるかは大きなポイントですね。

ですが、卒業式に着た(全身暗い服)をそのまま入学式に着るのは、悪い意味で目立ちます。

似合うとは、「自分に合う」「年齢に合う」だけではありません!

「季節に合う」「場所に合う」も大事な似合うなのです。

サイズが合ってない

ダサい卒業式ファッションと全く同じことですが…

フォーマルファッション(スーツ)はモデルさんが着ても、なんだかスタイルが悪く太って見える事があります。

デザインうんぬんの前に、サイズが合っていない服はダサく見えます。

※さらに、パステルカラーや白・ベージュは膨張色なので気をつけましょう

おしゃれで上品に見せるために

卒業式・入学式に出席する際、『上品でおしゃれだな』と思う服装とは…

骨格に合ったもの

フォーマルに限らず、自分にあったデザインはシルエットがキレイに見えます。

これはサイズではなく、骨格によって人それぞれに似合うデザインがあるということ。

例えば…

タイトスカートフレアースカート

  • 横から見た時に厚みのある体型の人はタイトスカートを立体的にキレイに着こなすことができます。
  • 横から見た時に厚みの無い体型の人はフレアースカートを履いても着太りせずキレイに見えます。

他にも、襟の形や丈・素材など自分と相性の良いものを選ぶとスタイルアップできます。

骨格診断を受けることで自分の「似合う」を知ることができるのでオススメです。

ほどよいトレンド感

一生着られる服などはなく、どんなにベーシックな服でも賞味期限切れになる時が来ます。

安くても今の時代に合った形やデザインは洗練されて見えるのです。

ガッチガチのフォーマル感より、卒業式・入学式以外にも着回しができるようなアイテムなど、どこか力を抜いた装いの方が今っぽくて素敵ですね。

(テーパードパンツやノーカラージャケットなど、オンオフどちらにもいけるものも◎)

ヘアースタイル・小物

おしゃれとは服だけでなくトータルコーディネートで決まるもの。

例えば…

ベージュ系でまとめていながら靴だけ黒 → だったらバッグも黒にするといいのに!

 

このようにどこかひとつのせいでオシャレ度が下がってしまっている人がいます。

髪型や髪色、メイク・ネイルも同様!

フォーマルに合わないヘアアクセやネイルカラーも要注意です。

靴を履いた出かける状態で全身チェックをしましょう。

 

お子さんの大切なハレの日、おしゃれで素敵な母親でいたいですね♡

関連記事

  1. 色白・色黒に似合う【水着の色】と体型カバーのポイント

  2. 【透けない下着】おしゃれで可愛いのに意外と透けない色は?

  3. 似合わない色だって着たい!〜脱・カラータイプ縛り〜

  4. 黒いタイツは逆効果!?足が細く見えるデニール数と色

  5. 美人は通勤もおしゃれ!女性の【お仕事バッグ】選び必須条件

  6. 後悔しない【婚約指輪・結婚指輪】デザインや色選びの注意点

  7. 実は多い!?【黒が似合わない人】のカラータイプ別着こなし術

  8. 汗かき女子のお悩み解決!汗じみが【目立たない色】の服とは?

PAGE TOP