【パーソナルカラータイプ別】似合うグレーの選び方

気づいたらグレーの服ばかり持っている!

オフィス・フォーマル・部屋着…

グレーを持っていれば困らないし、いつのまにか持ってる服はグレーばかり!

そんな人も多くいることでしょう。

使いやすい定番カラーですが、間違った色選びで顔色まで「グレー」になっているかもしれません…。

グレーってどんな色?

グレーとは、白と黒を足して(混ぜて)できる色で

  • 白の分量が多ければ明るいグレー(薄いグレー)
  • 黒の分量が多ければ暗いグレー(濃いグレー)

つまり、白〜黒の間すべての色のことをグレーと言います。

「グレー」という呼び方の他に「灰色」「ねずみ色」などとも呼ばれ、JIS規格では「grey(英)」は「gray(米)」と表記してもよいとされています。

また、白・黒・灰色を無彩色といい、モノトーン配色とは無彩色での組み合わせのことをいいます。

 

同じベーシックカラーでも、ベージュは若い人から『オバサンっぽい』というイメージ強く持たれているので、子供や中高校生からの支持は非常に低いです。

ですが、グレーはスエットやパーカーなど定番アイテムの色でもあるため、年齢を問わず多くの人が着用する色です。

 

灰色=「灰」の色。

やる気や活気を出す色ではありません。

色とは目だけでなく皮膚からも感じているもの。

毎日着用するには、心身ともにあまりオススメできない色でもあります。

グレーのイメージ

グレーから連想するものといえば… 墓石・コンクリート・スーツ・曇り空・ビル・灰 など

プラスのイメージ… 上品・都会的・シャープ

マイナスのイメージ… 冷たい・地味・無気力

 

「グレーが1番好きな色♡」という人はあまりいませんが「グレーは大嫌い!」という人もあまりいません。

グレーは特に好かれも嫌われもしない色。

無機質で触るとひんやり冷たい印象、暖かみには欠ける色ですが、どんな色とも相性が良くおしゃれの幅が広い色です。

ですが グレーは取扱い注意色!!

似合う人がグレーを着ると、上品・シックなど洗練されて見えます。

でも、似合わない人がグレーを着ると… 地味・陰気・不健康・幸薄そう など悲しい見え方をします。

『体の調子悪いのかな?』

『作業服みたい』

『一気に老けたね』

『いるの気づかなかった』

口に出さなくても周りからこのように思われてしまう可能性も… これは避けたいですね。

※グレーの服は存在感を消しやすいので目立ちたくないときには◎

パーソナルカラータイプ別  グレーの着こなし方

グレーは暖かみを感じないクールな色なので、サマー・ウインターといったブルーベースの人が得意な色です。

逆にウォームカラーを得意とするスプリング・オータムタイプはかなり苦手な色。

黄色っぽいグレー・ピンクっぽいグレーなど、グレーは色のバリエーションが豊富なので似合うグレーを上手に着こなしたいですね。

スプリング(春)タイプ

 

ex)ライトウォームグレー

スプリングタイプの人はグレーを単色で着こなすのは難しいですが、黄色みのある明るめのグレーならきれいに着こなすことができます。

暗い・青みのグレーは顔色が灰色っぽく見え、スプリングタイプのキラキラと元気な印象を消してしまいます。

また、大きい面積でグレーを着ると地味に見えるので色選びや面積に気をつけましょう。

サマー(夏)タイプ

        

ex)ライトグレー・ライトブルーグレー

ブルーベース・くすみのある色が似合うサマータイプは、青が混ざったブルーグレーがよくお似合いになります。

濃いグレーより明るいグレーを選ぶのもポイント。

白に近いライトグレーを着てもぼんやりした印象にならず、むしろ品良く着こなすことができます。

上下グレーでまとめたコーディネートに、ラベンダーやミディアムブルーをアクセントにしても爽やかで素敵です。

サマータイプはオレンジが苦手、顔をくすんで見せるのでグレーも黄色みやオレンジみのものは避けた方が良いでしょう。

オータム(秋)タイプ

 

ex)ウォームグレー・オリーブグレー

カーキやブラウンが得意なオータムタイプは、純粋に白と黒を混ぜたグレーよりも、緑や茶色などをすこし加えたグレー(カラードグレー)がお似合いになります。

(グレーと言うよりカーキな感じでもありますが…)

また、ライトグレーなど非常に薄いグレーは安っぽく見えてしまうので、グレーを選ぶときはある程度の濃さがあるものが良いです。

ウインター(冬)タイプ

     

ex)チャコールグレー・トゥルーグレー・ミディアムグレー

ウインタータイプは4シーズンの中で唯一、真っ黒と真っ白(漂白したような白)が似合うタイプ。

白〜黒のグラデーション上のグレーはほぼOK!

モノトーンコーデが大得意のウインタータイプにとって、グレーはよく似合う色。

赤や青、鮮やかなピンクなどと組み合わせた、コントラストの強い大胆なコーディネートもオススメです。

基本的にグレーは大体着こなせると考えられますが、黄色みのグレーは顔がくすみ輪郭がぼやけやすいです。

まとめ

グレーには

  • 白と黒を混ぜた純粋なグレー
  • 純粋なグレーに他の色を混ぜたグレー

があり「何色を?」「どのくらい?」混ぜるかで全く違うグレーが出来上がります。

つまり、グレーは種類がものすごく多いということ。

似合わないグレーはマイナスイメージを持たれやすいので注意が必要です。

自分にはどんなグレーが似合うのか知っていると、オシャレ度もキレイも確実にアップしますね!

 

こちらの記事もオススメ

 

関連記事

  1. 【くすんだ色】落ち着いた濁色が似合う人の特徴とは?

  2. 【パーソナルカラー診断】信頼できるサロンの選び方

  3. パーソナルカラー【オータム】色選び3つの最重要ポイント

  4. 道南・函館で丁寧正確なパーソナルカラー診断を行っています

  5. 似合わない【花柄】はオバサンっぽい?上手に選ぶポイント

  6. 【誰でもそれなりに似合う色】間違いなしの服とメイクの色

  7. パーソナルカラーがより際立つ肌作り!ライス系コスメを調査!

  8. 似合ってない!?【ハイブランド】なのにダサく見えてるかも!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP