「たくさん洋服があるのにいつも着る服が決まらない!」人の原因と解決策

服はたくさん持ってるのに、着る服が無くていつも困ってる!

毎朝の服選びに時間がかかる…

コーディネートがなかなか決まらない…

このような悩みを持つ女性は、大体クローゼットの中にたくさんの服があります。

服が多くても着る服がないのはなぜでしょうか?

自分の持っている洋服を把握していない

自分の持っている服をしっかり把握しているでしょうか?

クローゼットにどんな服があるのかわかっていなければ、コーディネートが出来ないのは当たり前のことです。

  • どんな色の服があるか
  • どんなテイストが多いのか
  • もう着ない(着れない)服はないか

クローゼットの整理を定期的にすることはとても大切!

いらない服がぎゅうぎゅうでは着たい服が見つからないのです。

洋服の買い方の失敗例

持っている洋服が偏ってしまうと「着る服がない!」状態になりやすいです…

ショッピングでの注意点をまとめました。

似た色ばかり買ってしまう

服屋さんでカーキを着た女性が、微妙に色の違うカーキの服を手に持っているところを見ました。

似たような色ばかり選んでしまうことに自分ではなかなか気づかないもの。

いつも同じ服を着ている人の印象になっているかもしれません…。

使いやすい定番の色ばかりでも、好きな色ばかりでもコーディネートは上手くいかないのです。

同じようなアイテム・デザインを買ってしまう

カーディガンばかり持っている、花柄のトップスとスカートが何枚もあるなど。

何が足りないか何が多すぎるかは、アイテムべつの枚数をチェックするとすぐにわかりますよ。

一目惚れ・衝動買いが多い

「可愛い!好き!」だけで購入してしまい、手持ちの服と合わなかった…。

眺めるだけの好きな服多くなっていませんか?

安さだけで買ってしまう

安いからとりあえず買ってみた服。

安くて良い買い物をすることもありますが、洋服を買う理由の1番にしてはいけません。

実物を見ない・試着をしない

ネットショッピングは便利ですが、いざ届いた商品を見たら

  • 思っていた色と違った…
  • 生地がペラペラだった…
  • サイズが合わなかった…

なんてことはよくある話。

着れない服を増やさないよう、賢く利用しましょう。

コーディネートを悩まないためには?

定番カラーはまんべんなく揃える

一年を通して常にお店にある、合わせやすい色(ベーシックカラー)はどのくらい持ってますか?

  • ベージュ
  • グレー
  • 茶色
  • カーキ

定番とされる色だけでもこんなにたくさんあります。

この定番カラーを偏りなく持っていると、コーディネートが非常にラクになります。

例えば、ベージュといってもグレーに近いベージュやキャメルに近いモノなど幅は広いので、自分に似合うベージュ・自分に似合う紺など定番カラーそれぞれの「似合う」を見つけると良いでしょう。

ハッキリした色は意外に使える

真っ赤・真っ黄色がいいという意味ではありません。

(鮮やかなビビットカラーが似合う方はもちろん◎)

  • よく見ると薄ーい黄色
  • 近づいて見たら深緑 など

これではパッと見が定番カラーと一緒です。

ある程度色がハッキリしている方がコーディネートにメリハリが出ます。

小物のオススメカラー

バッグ

形の違う似たような色をたくさん持つより、多くの色を持っている方がコーディネートしやすいです。

ベーシックカラーファッションのアクセントにもなりますし、お顔から離れているのでなかなか着れない色にも挑戦しやすいですね。

定番カラーの次は、赤やピンク、緑などもおススメです。

ストール

無地ばかりではなく柄物があると便利です。

ストールはお顔のすぐ下にくるものなので、似合う色を意識しましょう。

 

毎朝着たい服がいっぱいのクローゼットにしましょう♡

関連記事

  1. メキシコ【オアハカ】のカラフル刺繍ファッションが可愛い!

  2. 身長が低くてもバランス良く見える【バッグの大きさと色】

  3. 似合わない色だって着たい!〜脱・カラータイプ縛り〜

  4. 【透けない下着】おしゃれで可愛いのに意外と透けない色は?

  5. 女性が魅力的に見える【浴衣の色】男ウケの良い色は?

  6. 結婚式での親族の服装【洋装・着物】両親や姉妹は何を着る?

  7. 同じ色を着ても人によってイメージが違う!

  8. 賛否両論【マタニティフォト】不快感を与えないSNSとは?

PAGE TOP