【パーソナルカラータイプ別】似合うカーキの選び方

合わせやすいしおしゃれだから、ついカーキばかり選んでる!

白・黒・グレイなどといった定番色のひとつ「カーキ」

カジュアルで合わせやすいことから、アウター・ボトム・小物…と人気の高い色です。

季節を問わず一年中着ている人を見かける色ですね。

ですが、【コーディネートがしやすい色】と【きれいに見える色】が同じとは限りません…

本当のカーキ色とは

「カーキ色」というとみなさん思い浮かぶ色があると思いますが、間違っている方が非常に多い色です。

  

このような色を思い浮かんだ方が多いのではないでしょうか?

上の2色、どちらもカーキ色ではありません!

 

正しいカーキ色とはこのような色です。

カーキとは「土埃(つちぼこり)」を意味する言葉。

(枯れ草色とも言われる)

JIS慣用色で定義されているカーキは泥土のような色のことなのです。

  • カーキ(くすんだ赤みの黄色)
  • オリーブ(暗い緑味の黄色)
  • モスグリーン(くすんだ黄緑)
  • オリーブグリーン(暗い灰みの黄緑)

ファッション雑誌なども、このあたりがすべて「カーキ」になっています。

ですからくすみのある黄色〜黄緑カーキ色として話を進めていきますね!

カーキのイメージ


草・土など自然を連想する…アースカラー


軍隊・迷彩柄を連想する…ミリタリーカラー

 

などから、ナチュラル・カジュアル・ラフ・強さ・男性的といったイメージを持っています。

上記にもあるように、カーキは土埃・枯れ草・塵の色。

「上品」「清潔感」をだすのは難しい色です。

 

同じカーキ色を着ても、

「おしゃれでカジュアルに見える人」もいますが

「品がなくだらしなく見える人」もいるのです。

パーソナルカラータイプ別 カーキの着こなし方

カーキは…

  • 黄色〜黄緑といった黄みの強い色(イエローベース)
  • 濁り・くすみのある暗めの色

つまりパーソナルカラー的にはオータムの人がお得意なカラー♡

逆にブルーベース(サマー・ウインター)の人には少々苦手な色です。

スプリングタイプ

黄みがある色が得意なスプリングタイプの方にオススメのカーキは、くすみの少ない明るめのカーキ。

イエローベースという共通点があるため、スプリングカラーと調和しやすいです。

明るいベージュやアイボリーホワイトと合わせるなど、地味にならないようにすることがポイント。

サマータイプ

明るく優しい色が得意のサマータイプの方はグレイッシュで明るいカーキ(もはやカーキではない?)を選ぶと良いでしょう。

サマータイプの方はカーキをラフに着こなすのはとても難しいため、

暗めのカーキ×キャメルなどはオススメしません。

パールやシルバーのアクセサリーを身につける、ライトグレイと合わせるなど、とにかく上品なコーディネートとしてカーキを着ること。

また、黄色より緑に寄った色を選ぶこともポイントになります。

オータムタイプ


カーキと呼ばれる色は、ほぼお似合いになります。

一般的に似合わないカーキを着ると

  • シミやほうれい線が目立つ
  • 疲れて見える
  • 老けて見える

など恐ろしいことになりますが、オータムタイプの方は肌に透明感がでてカーキ一枚で着ても、地味になりません♡

ナチュラルにもカジュアルにもゴージャスにも着こなすことができてしまいます!

ウインタータイプ

鮮やかな色を得意とするウインタータイプの方はくすみが少なく緑が強いカーキ(もはやカーキではない?)だと良いでしょう。

ブルーベースでビビットカラーが似合うウインタータイプにとってカーキはかなり苦手な色。

くすんだ色はお顔をぼんやりもたつかせて見せてしまうので、くすんだカーキを着る場合は必ずアクセントカラーでコーディネートを引き締めること。

ボトム・小物で取り入れる方が安全です。

 

男性にもカーキは人気がありますが、白・黒とばかり合わせている方も結構います。

もしかしたら老けて見えているかも…!

だらしないオジサンに見えているかも…!

なのでカーキとひとくくりにせず、自分に似合うカーキを探してみてください。

 

好印象を持たれるカーキのコーディネートにしましょうね♡

 

 

こちらの記事もオススメ

 

関連記事

  1. パーソナルカラー【ウインター】色選び3つの最重要ポイント

  2. パーソナルカラーがより際立つ肌作り!ライス系コスメを調査!

  3. 【ビビッドカラー】鮮やかな派手色が似合う人の特徴とは?

  4. パーソナルカラー【サマー】色選び 3つの最重要ポイント

  5. パーソナルカラー【スプリングタイプ】の色選び 3つの最重要ポイント!

  6. パーソナルカラー自己診断が難しい理由

  7. 【パーソナルカラー診断】信頼できるサロンの選び方

  8. 【ブルベ・イエベ】どっちも当てはまる!?中間肌の見分け方

PAGE TOP