【パーソナルカラータイプ別】似合うベージュの選び方

ベージュは優しいベーシックカラー?おばさんカラー?

合わせやすく落ち着いた印象のベージュ。

コート・下着・靴・バッグ・メイク・インテリア など…

ベージュはたくさんの分野で使われる定番中の定番色!

ですが…

定番色=みんなに似合いやすい色

ではないのです!!

ベージュってどんな色?

ベージュは、染色も漂白もしていない刈り取ったままの羊毛の色のこと。

JIS色彩規格では「明るい灰みの赤みを帯びた黄」とされていて、幅が広い色です。

 

さらに、ベージュは緊張を和らげ、視覚的にも疲労しない色。

筋肉の緊張度を表すライトトーナス値では、ベージュは正常値の23(最も弛緩する色)で、リラックスできるためファッションはもちろん、インテリアにも多く使われる色です。

ベージュのイメージ

ベージュは温かみのあり、落ち着いた優しいイメージ。

似合うベージュを着ていればこのような良いイメージの色ですが…

似合わないベージュは

  • 垢抜けない
  • 田舎っぽい
  • おばあさんっぽい

イメージになってしまう色でもあります。

 

らくだ色と言うと肌着やババシャツ・ステテコといったお年寄り感がありますね。

※白い服を着る時に大活躍するのがベージュの下着。

透けないベージュは女性なら誰もが1枚は持っているインナーカラーでしょう。

ですが、このベージュの下着はセクシー・女性らしい印象はなく、オバサンらしい印象下着です。

日々、目にする色・身につける色は心にも体にも影響を与えるもの。

オバサンらしい下着を毎日着用すると…

オバサンらしい気持ちオバサンらしい体になります!

パーソナルカラータイプ別  ベージュの着こなし方

ベージュはイエローベースでくすみのある色。

肌の色に近く馴染みやすいだけに、遠目で「あの人裸!?」問題に気をつけなくてはいけない色でもあります。

ダサく・恥ずかしく見えないベージュ選びのコツをお教えしますね。

スプリングタイプ

  

スプリングタイプには明るい黄みのベージュがぴったり!

薄すぎない・濃すぎないことが重要なので、ライトキャメルやハニーベージュがオススメです。

オレンジや黄緑など元気で明るい色と組み合わせることで、スプリングタイプの若々しいイメージに合いますね!

マットな質感よりツヤが得意のタイプなので、エナメル素材など光沢のあるベージュ(バッグ・パンプスなど)もキレイに決まります。

スプリングタイプのネイルカラー

明るくポップな色との組み合わせや、花柄・ラメなど元気で華やかのものが良いでしょう。

サマータイプ

  

ブルーベースのサマータイプにとって、ベージュは少々苦手な色です。

黄みが強いと顔色がくすみやすいので、赤みによったココアやピンクベージュがオススメです。

また、サマータイプは明るい色が得意なので、明るめのベージュを選ぶと良いでしょう。

ラベンダーやブルーグレーとの相性も良く、女性的で優しい配色を意識してコーディネートしてください。

サマータイプのネイルカラー

パステルカラーやくすみのある優しい色・パールなど、控えめな輝きで上品に仕上げましょう。

オータムタイプ

  

オータムタイプは黄みの強いベージュは大のお得意カラー。

濃く深みのあるキャメルやカフェオレ、茶に近いものまで幅広く着こなすことができます。

ゴールドラメ入りのベージュトップスやファー・スエードなどもお似合いになります。

注意すべきは上下明るすぎる組み合わせ!

ベージュとチョコレートブラウンを合わせ茶系でまとめたり、ボルドーやカーキとの組み合わせも素敵ですね。

オータムタイプのネイルカラー

オレンジっぽいキャメルやべっ甲ネイルも◎

ゴージャスなデザインもOKです。

ウインタータイプ

  

ブルーベースかつ鮮やかな色が得意のウインタータイプにとって、くすんだ黄みのベージュは難しい色のひとつ。

4シーズンの中で黒が似合うのはウインターだけですが、似合う色にベージュが入っていないのもウインターだけ!

つまり、ベージュは定番カラーにはならない色です。

そんなウインタータイプが、ベージュを着こなすポイントは…

  • グレイッシュ(灰み)なベージュを選ぶ
  • 赤みのベージュを選ぶ
  • コントラストが強いコーディネートにする

 

トレンチコートやアウターも冷たい印象のグレージュにしたり、

ベージュと合わせる色も黒や赤、ロイヤルブルーなどメリハリをつけるとウインタータイプもベージュをきこなすことは可能です。

ウインタータイプのネイルカラー

キラキラと輝くストールがついていたり、目を引く色と組み合わせたネイルがオススメです。

 

どんな服にも言えることですが、中でもベージュは試着が絶対に必要な色!

似合うベージュを素敵に着こなしましょう♡

 

 

こちらの記事もオススメ

 

関連記事

  1. 【くすんだ色】落ち着いた濁色が似合う人の特徴とは?

  2. 道南・函館で丁寧正確なパーソナルカラー診断を行っています

  3. 【ディズニープリンセス】コスプレは似合う色で可愛さ倍増

  4. 【パーソナルカラータイプ別】似合うカーキの選び方

  5. パーソナルカラー【サマー】色選び 3つの最重要ポイント

  6. 似合ってない!?【ハイブランド】なのにダサく見えてるかも!

  7. オータムタイプの【春服・夏服】明るい色の着こなし方

  8. パーソナルカラー難民~誤診~

PAGE TOP