【パーソナルカラータイプ別】似合うデニムの色

デニムは大好きだけど… 似合っている自信はない…。

デニムは季節を問わず1年中着用できるファッションの定番アイテム。

「デニム大好き!」「デニムは何本も持ってる!」という人も多くいることでしょう。

また、「ラクだからとりあえず履いてる」人が多いのも確か。

デニムをオシャレでキレイに履きこなすポイントの1つは色選びです。

デニムとは?

デニムとはジーンズやGパンに使用される厚手の綾織物のこと。

つまり、パンツ(ズボン)になる前の生地の状態をデニムと言います。

最近は、ジーンズ=デニム という認識のされ方が多く広まっていますが正式には間違いです。

 

また、デニムは元々北米の鉱山で金鉱掘りをする男性たちが重労働にも耐えられる丈夫な作業服として愛用していたアイテム。

それも今や誰もが1度は履いたことがある・1枚は持っている定番中の定番になりました。

ヴィンテージで希少価値が高いものからファストブランドなど安価なもの、キレイめデニムやダメージデニムなど種類も豊富で老若男女から人気があります。

 

カジュアルで普段のおしゃれには適していますが、前述した通り元は作業着。

冠婚葬祭・パーティーはもちろん、ドレスコードがあるような場所でのジーンズはNGです。

色の種類はどのくらいあるの

よく耳にするインディゴとは?

インディゴとは…デニムを染める藍色の染料のことを言います。

デニムの色は

  • インディゴブルー
  • ブルー
  • ライトブルー

などがありますが、元はすべてインディゴの色なのです。

加工による色の違い

ジーンズを洗濯して色落ちしたり、白い服に色移りした経験がある人も多いことでしょう。

デニムは洗うことにより色が落ち明るいブルーになり、さらに赤みが失われていくので緑みを帯びた色に変化します。

デニムの色は加工の仕方で明るさや色味が変わるのです。

ノンウォッシュデニム(生デニム・リジットデニム)

製造してから一度も洗っておらず、防縮加工もしていないデニムのこと。

最も濃いインディゴで青みも強く非常に硬いのが特徴です。

また、生デニムは洗濯で1〜2サイズも縮むため、サイズや裾上げをするタイミングが難しいとされます。

ワンウォッシュデニム

あらかじめ軽い洗いをかけているデニムのこと。

生デニムに比べると柔らかく縮みにくいので基本的には履きやすいのですが、物によってはかなり硬い生地もあります。

ダメージ・ユーズド加工

買ったその日から何年も履きこんだ風合いを楽しめるよう、洗いをかけ加工を施したデニムのこと。

当然、明度は高く色味は緑がかっています。

カラーデニム

ブルー以外の多彩な色のデニムのこと。

デニムはインディゴで染色したものが一般的ですが、同じ製法の織物であれば色が青でなくてもデニムというため、一見デニムに見えないものもあります。

パーソナルカラータイプ別 似合うデニムの色

ジーンズやスカートなどボトムであれば、どんな色でも顔から離れているのであまり問題はありません。

ですが、デニムジャケット(Gジャン)は何色を選ぶかで顔色や印象が大きく変わります。

パーソナルカラータイプ(4シーズン)別に得意なデニムカラーがあるのです。

スプリングタイプ

 

少し黄みがかった明るめのブルーがスプリングタイプによく似合います。

カジュアルさが強く若々しいイメージなので、スプリングカラーとの相性も◎

濃いめのデニムを着る場合は、柔らかさや軽さを感じるものを選ぶと良いでしょう。

サマータイプ

 

水色のような淡色デニムはブルーベースのサマータイプにぴったり!

黄味を感じない明るいブルーは肌に透明感を出し、デニムながら上品で優しい印象を与えます。

オフホワイトやパステルカラーと組み合わせて、爽やかに着こなすのがオススメです。

ネイビーはお得意カラーですが、色が濃すぎないソフトな肌触りのものを選びましょう。

オータムタイプ 

 

暗い色が得意なオータムタイプは濃く重厚感のあるデニムが良いでしょう。

黄色みを感じる落ち着いた青緑系も肌によく馴染みます。

キャメルや茶系のカラーデニムも◎

ウインタータイプ

 

深みのある濃い青や真っ青なデニムがよく似合うのがウインタータイプ。

明るめデニムは黄みを感じない、青みが強いものを選ぶのがポイント!

シャープでスッキリとしたシルエットのデニムに、鮮やかなビビッドカラーを合わせたメリハリのあるコーディネートは人目を引きかっこよく着こなすことができるでしょう。

 

※ノーマルタイプ・ウォッシュ・ダメージなど、色以外にも骨格により似合う似合わないが別れるものもあるので、パーソナルカラー診断+骨格診断でより詳しい『似合うデニム』がわかります。

まとめ

デニムは定番だからこそ「似合う」にこだわりたいアイテム。

シルエットやデザインに目が行きがちですが、加工の仕方で青の明るさだけでなく色味まで違いがでるので、上手に似合う色を選びたいですね。

「とりあえずデニム」はやめて、自分に合ったジーンズでデニム美人になりましょう!

関連記事

  1. パーソナルカラー【サマー】色選び 3つの最重要ポイント

  2. 【パーソナルカラータイプ別】似合うカーキの選び方

  3. パーソナルカラー難民~誤診~

  4. 【パーソナルカラー診断】信頼できるサロンの選び方

  5. 【パーソナルカラータイプ別】似合うウエディングドレスの選び方

  6. 【彼氏・旦那がダサい】のは似合わない色が原因かも!

  7. パーソナルカラーがより際立つ肌作り!ライス系コスメを調査!

  8. パーソナルカラー【オータム】色選び3つの最重要ポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP